Top > AirNovel

AirNovel

公式:http://famibee.web.fc2.com/intro/home.htm
開発サイト:http://famibee.web.fc2.com/tag_dev/dev.htm

適度に作業した際の記述ですので、詳細調べれば違っていたりするかもしれません。


参考

スタートアップ

1. ここを参考にインストールしていく
 http://famibee.web.fc2.com/tag_dev/dev.htm#ANBooks

2. Adobe Airをインストール
 http://get.adobe.com/jp/air/

3. ANBooksをインストール
 http://code.google.com/p/air-novel/downloads/list?can=3&q=&colspec=Filename+Summary+Size
 で、ver*.**_ANBooks.air をダウンロード。実行してインストールする。
 -> ver0.47 でインストール時にエラー。「続行」を押して強行。

リリース用セットアップ

1. ここを参考に設定していく
 http://famibee.web.fc2.com/tag_dev/dev.htm#setup_uc
 ※「○○をネットからダウンロード」のボタンを押す前にパスを記述する事

2. apatch-antのbinフォルダにパスを通す

リリース用実行

1. コマンドプロンプトでプロジェクトフォルダへ移動する。

	$cd C:\Users\<id>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\Local Store\unpack\<project>

2. 以下のコマンドで実行すると、自動で立ち上がる

	$ant

エラー

  • C:\Users\<user>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\Local Store\unpack\<project>\build.xml:5: The following error occurred while executing this line:
     C:\Users\<user>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\Local Store\build_base.xml:14: エンティティ参照では、エンティティ名は'&'の直後に指定する必要があります。
     -> 組み込みフォント設定が間違っている可能性がある。

リリースROM作成(.air)

1. この辺りを参考に
 http://famibee.web.fc2.com/tag_dev/dev.htm#air_app
 http://ansawaro.wy5.org/archives/1007

2. 認証ファイルの作成

	$"C:\Users\<id>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\SDK\FlexSDK\bin\adt" -certificate -cn SelfSigned 1024-RSA <filename>.p12 <password>

3. ANBooksのビルド環境設定 -> 自己署名設定に生成されたp12ファイルとパスワードを入力

4.プロジェクトフォルダの以下の辺りの最後の部分に必要な構成にして修正

	<arg line="${app_name}.air"/>
	<arg line="prj-app.xml"/>
	<arg line="${app_name}.swf config.anprj icon mat"/>

  ↓

	<arg line="${app_name}.air"/>
	<arg line="prj-app.xml"/>
	<arg line="${app_name}.swf config.anprj icon resource"/>

5. コマンドプロンプトでプロジェクトフォルダへ移動する。

	$cd C:\Users\<id>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\Local Store\unpack\<project>

6. 以下のコマンドで実行する

	$ant air

エラー

  • コマンドプロンプトで、airから先に進まない
     -> 自己署名設定が間違ってるかも
  • [java] C:\Users\<id>\AppData\Roaming\com.fc2.blog38.famibee.ANBooks\Local Store\unpack\<project>\prj-app.xml: error 303: Icon icon/icon_048.png is missing from package
     -> icon/ にアイコンファイルは必須
      -> icon_016, icon_032, icon_048, icon_128
  • [java] Could not generate timestamp: handshake alert: unrecognized_name
     -> build.xml の<target name="air"...>の件にある、<arg line="-tsa none"/>を有効にする

埋め込みフォント

1. ここを参考に
 http://famibee.web.fc2.com/tag_dev/dev.htm#make_font
 http://ansawaro.wy5.org/archives/1442

2. ANBooksで、メニュー -> ビルド環境設定 -> 組み込みフォント設定

3. それぞれ設定して「上記設定でフォントを追加」

4. ワーキングフォルダのbuild.p.xmlに以下を追加

	<property name="by-product" value="SDK/by-product/"/>

5. プロジェクトフォルダのbuild.xmlに以下を追加
 ・<フォントファミリー名>、<プラグイン名>等は上の3番「組み込みフォント設定」の名称

	<target name="font_src_out">
		<touch file="Work/font/<プラグイン名>.as"/>
		<apply executable="${adl_cmd}">
			<arg line="${adl_opt}"/>
			<arg line="${by-product}ucr/ucr-app.xml"/>
			<arg line="--"/>
			<arg line="<プラグイン名>"/>
			<arg line="<フォントファミリー名>"/>
			<arg line="<フォントファイルへのパス>"/>	<!-- Winで変更する場合はフルパス、区切りを\\に -->
			<arg line='"${basedir}/config.anprj"' />
			<fileset file="Work/font/<プラグイン名>.as"/>
		</apply>
	</target>
	<target name="font_Compile">
		<java jar="${MXMLC.JAR}" fork="true" failonerror="true">
			<arg line="+flexlib ${flex_sdk}frameworks"/>
			<arg line="+configname=air"/>
			<arg line="-output=system/<プラグイン名>.swf"/>
			<arg line="-use-network=false"/>
			<arg line="-static-link-runtime-shared-libraries=true"/>
			<arg line="Work/font/<プラグイン名>.as"/>
		</java>
	</target>
	<target name="font" depends="font_src_out,font_Compile"/>

6. build.xmlのフォントの出力パスを設定
 <property name="font_out"...> の値が生成結果のswfが出力される

7. フォントをビルドする
 $ant font

8. スクリプトでフォントを切り替える
 ・layoutにfontFamilyとfontLookupを追加する。
 ・pluginとしてロードする 

	例)
	[lay layer="mes" visible=true b_alpha=1 r_size=12 r_align="121" max_col=15  layout='blockProgression="rl" lineHeight="36" paddingTop="15" paddingRight="15" fontSize="32" color="0xffffff" fontFamily="<フォントファミリー名>" fontLookup="embeddedCFF"']
	[loadplugin fn="<プラグイン名>" join=true] 

エラー

  • $ant fontをした際
    	font_src_out:
    		[apply] application descriptor not found
    		[apply] Result: 6
     -> 構文が正常に解釈できていない。
      上記の設定の4, 5を再度確認

プラグイン

 -> AirNovel - プラグイン

スクリプト

  • サブルーチンジャンプの場合は、[call ...]
     完全に移動する場合は、[jump ...]
  • テキストのlayoutを一時的に変更する場合は、[span ...]
     以降ずっと変更する場合は、[lay ...]
     -> [span]だと、[clear_text]など他のコマンドで元に戻ってしまう。

テクニック

ラジオボタン

 -> AirNovel - ラジオボタン

スライドバー

 -> AirNovel - スライドバー

文字履歴

 -> AirNovel - 文字履歴

FAQ

文字にアンチエイリアスが掛からない

 -> 埋め込みフォントならアンチエイリアスかかるみたいです。
  下記画像の埋め込みフォント:フォントな様 http://www.fontna.com/
   やさしさゴシック http://www.fontna.com/blog/379/
airnovel-antialiase.jpg

.airのパッケージにした際、リソースのフォルダがエラーになる

 -> フォルダの中身が空だとパッケージ化されない

[wa], [stop_face]とかのタグが効かない

 -> swfのバージョンが8以下の場合や、ActionScript3.0が埋め込まれていないswfの場合は効きません。(それ以前にエラーになる)
  [wa]などのFlash操作が出来るようにするswfコンバーターを用意しました。 -> Tools#qac747e7

[button enabled=false]の際、center指定の位置が上手く合わない

 -> enabled=trueのボタンと同じように画像を3分割された座標で計算されている。使用する場合はそれを考慮した座標にする。
  300pxの画像の場合、300/3/2 = 50pxが中心となる。

 > [button enabled=false]はボタンではなく、文字レイヤの任意位置に絵を表示する機能とお考え下さい。いわゆるGUIの「押せないボタン」ではないです。

オートモード(an.auto.enabledをtrue)にした場合、rightclickなどのeventが発生しない

 -> オートモードにした後、[set_cancel_skip]タグを呼び出しておく。するとオートモードがキャンセルされてeventがキャッチされるようになる。


添付ファイル: fileairnovel-antialiase.jpg 703件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-17 (月) 00:52:18 (3364d)