Top > Memreport To Xlsx

memreport結果をエクセルに変換するpythonスクリプトです。
合わせて、出力したエクセル同士の差分をエクセルを出力するスクリプトもあります。

ライセンス等は無いのでご自由にお使いください。
何か問題ありましても自己責任でお願いします。
fileMemreportToXlsx-1.0.0.zip

環境

python を利用します。
openpyxl を要求します。

pythonは UE5.1上(3.9.7)、openpyxlは 3.0.7 で確認。
memreport は UE5.1, UE4.27 出力の "memreport -full" で動作確認。

memreport結果をエクセルに変換

MemreportToXlsx.png
出力結果サンプルは MemreportToXlsx/Sample/sample510.xlsx 参照

MemreportToXlsx.py [出力エクセルパス] [入力memreportパス]

[入力memreportパス] は下記を受け付けます。

  • memreport ファイル
  • obj list -csv 形式のcsvファイル(標準出力に流れたのを.csv保存したもの。Sample/bodysetup510.csv 参照)
  • 複数ファイル
  • 上記が入ったディレクトリ
ex)
D:/MemreportToXlsx/MemreportToXlsx.py "D:/MemreportToXlsx/Sample/sample510.xlsx" "D:/MemreportToXlsx/Sample/sample510.memreport"
D:/MemreportToXlsx/MemreportToXlsx.py "D:/MemreportToXlsx/Sample/sample510.xlsx" "D:/MemreportToXlsx/Sample/sample510.memreport" "D:/MemreportToXlsx/Sample/bodysetup510.csv"
D:/MemreportToXlsx/MemreportToXlsx.py "D:/MemreportToXlsx/Sample/sample510.xlsx" "D:/MemreportToXlsx/Sample"
  • 同種類の入力が複数あった場合、先着優先になります。(後続は無視)
    • "obj list class=SkeletalMesh -resourcesizesort"
    • "obj list class=SkeletalMesh -alphasort"
    • のような形で複数回入力

出力されたエクセル同士の差分出力

DiffMemreportXlsx.png
出力結果サンプルは MemreportToXlsx/SampleDiff/diff.xlsx 参照

DiffMemreportXlsx.py [出力エクセルパス] [Source エクセルパス] [Target エクセルパス]

ex)
D:/MemreportToXlsx/DiffMemreportXlsx.py "D:/MemreportToXlsx/SampleDiff/diff.xlsx" "D:/MemreportToXlsx/SampleDiff/old510.xlsx" "D:/MemreportToXlsx/SampleDiff/new510.xlsx"

セル赤色 → 増えた、変更があった
セル青色 → 減った


添付ファイル: fileMemreportToXlsx-1.0.0.zip 53件 [詳細] fileDiffMemreportXlsx.png 60件 [詳細] fileMemreportToXlsx.png 41件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-26 (日) 13:40:45 (453d)